FC2ブログ
0217-2

 とある日曜日、1日かけてゆっくり美術鑑賞したいという夫の希望で、午前中からThe Metropolitan Museum of Artに行ってきました。今回の(わたしの)目的は、1Fの西側にあるPetrie Court Café and Wine Barで、PM2:30からサーブされるアフタヌーンティー。一度ためしてみたかったのです。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0228-1

 すでに、NYにある主要な美術館、博物館は見尽くした感があるけれど。まだまだ訪れていない小さな美術館はたくさんあります。今回たずねたThe Museum of American Illustrationもその1つ。わたしの好きなイラストレーションをテーマとしたギャラリーです。

 その後、ミッドタウンをぶらぶらお散歩。最近は何気なく通り過ぎてしまっている場所でも、もう一度カメラを構えて眺めてみると、また新たな一面が見えてきます。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0208-13

 先日、お友達と一緒にMerchant's House Museumに行ってきました。1832年に建てられてのち、100年にわたりTredwell familyが住んでいた歴史的な建物です。外観も内部も当時のままに保存され、百数十年前の裕福な商家の生活ぶりを偲ぶことができます。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0203-3

 ブランチのあと、向かったのはWhitney Museum of American Art。わたしは何度もこの美術館に足を運んでいるのですが、夫がまだ見ていないというのでおつきあい。このときは、Lawrence Weiner: AS FAR AS THE EYE CAN SEEKara Walker: My Complement, My Enemy, My Oppressor, My Loveという大きなエキシビションが開催中でした。

 コンテンポラリーなアートにひたって頭がぐるぐる混乱しかけた頃、外に出ると見事な夕暮れ。ひさびさにセントラルパークを横切って帰りました。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
02/07/2008    どこでもドア@MET。
0205-6

 ボランティアの仕事が終わったあと、The Metropolitan Museum of ArtのなかのThe Wrightsman Galleriesをまわってきました。場所は、1階のEuropean Sculpture and Decorative Artsの一画。大々的なリノベーションを行い、昨年の10月30日に再オープンしたエリアです。

 以前はただ家具が並んでいるだけのつまらないコーナーでしたが、今は17世紀~19世紀ヨーロッパの邸宅の一室をそのまままるごと展示。部屋から部屋へ、ドアをくぐるたびに目の前に新しい世界が広がります。まるでどこでもドア&タイムマシーンでヨーロッパを旅しているみたい。このあたりにはそれほど人もいないから、煌びやかな部屋の片隅で一人静かに物思いにふける、なんて贅沢もできちゃいます。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。