--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0430-1

 先日、ようやく引越し先にネットが開通しました。生活も徐々に落ち着いてきたので、そろそろブログ再開です。

 NYでの最後の数ヶ月、「悔いのないように」を合言葉に、毎日ほぼ休みなく活動しておりました。おかげで写真データはたまりにたまり、PCはパンク寸前。ブログネタも去年の10月から未整理のまま。もう今さらしょうがないので、気の向くままのんびり思い出をつづっていこうかと思います。

 今回は、帰国間近の4月末、最後にMET(The Metropolitan Museum of Art)を訪れたときのことを。ボランティア仲間のおばあちゃんたちとのお別れランチに行ってきました。

 待ち合わせ前、ちょっと早めに到着してMETの屋上へ。サマーシーズン限定の屋外アートを見に。今年のエキシビションはJeff Koons on the Roofです。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0430-3

青空の下に並ぶアートは、なんだか可愛らしいモチーフばかり。
カラフルなマーカーで自由にいたずら書きしたイメージなんだとか。

0430-2

NYの摩天楼と青空が映って。

0430-4

目を転じれば、視界いっぱいに広がるセントラルパークの緑と
ミッドタウンの高層ビル群。

0430-5

ティーンの女の子たちは、早くもビーサン姿で闊歩しています。

0430-6

空を見上げて。

これは、パーティなどでよく見かける風船をねじってつくられた犬。
…がモチーフのアートです。
見ていて楽しくなる作品でした。

0430-8

ランチは、館内にあるメンバー専用のレストラン
The Trustees Dining Roomで。
ハンバーガーをいただいてきました。

ランチのメンバーは、仕事仲間のアメリカ人のおばあちゃん二人と、日本人のKさんの四人。
METでのボランティアを始めてから、彼らには本当によくしていただきました。

METで働くボランティアの中には、70、80をとうに過ぎた方々がたくさん。
それでもしっかりパソコンを使いこなし、自分の役割をきっちり果たしています。
いくつになっても仕事やボランティアを通じて積極的に社会参加している彼ら。
最初は新鮮な驚きを感じ、今となってはそれが当たり前、
数十年後の自分もそうありたいと強く願うようになりました。

仕事に対する責任感、常にポジティブな考え方、
人生を楽しむ秘訣をたくさん教えてくれた彼らに心から感謝しています。

0430-7

NYの空の下、きっと今日も元気に働いているであろう
METの仲間たちの健康と幸せを祈って。

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/812-0f824181
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。