--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/26/2008    惜しむよりも、前へ。
0325-9

 久しぶりの更新になります。ブログを書かない生活は、夏休みに入ったばかりの子供のような開放感でいっぱい。本も読めるし、DVDもゆっくり見られる。一方で、絵日記の宿題を溜め込んでいる小学生のような罪悪感を抱えてしまう自分に苦笑。誰に宿題を出されたわけでもないのになあ。

 ふと気づけば、風は冷たいけれど陽射しはもうすっかり春。ひさびさにセントラルパークをゆっくり歩いてきました。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0325-1

鮮やかな黄緑色の芝生。春の色。

3月といえば、日本では卒業式の季節。
小学校でも、高校でも大学でも、わたしは卒業式で涙した記憶ってない。
なぜなら、その先にある未来が楽しみでしょうがなかったから。
号泣する友達の傍らで、ひとりニコニコしていたかも。

0325-2

NY生活もたぶん同じで、大好きな街を去るのは本当に悲しいけれど、
日本に帰るのもとても楽しみ。

0325-3

家族にも友達にも早く会いたいし、
2年と数ヶ月の間に激変した(?)であろう東京の街を探検したい。
東京はNYのマンハッタンよりよっぽど広くて大きくて、
探検しがいのある街だと思うから。

0325-4

だからきっと、ここを離れるときも涙はないだろうな。
だって、NYは逃げないし、いつだってここにあるから。
またきっと会いに来るから。

0325-5

帰国日程が具体的になった頃から、自分でも驚くほどあっさりと
東京での新生活をどうするか、に頭のなかが切り替わった気がする。

0325-6

セントラルパークを歩きながら、帰ったら仕事探さなくっちゃなあ、とか
家具や家電はどんなものを買おうかなあ、とか
英語の勉強をどうやって続けようかなあ、とか
のんびり考えたりして。

0325-7

目の前の風景を惜しむよりも、
NYで得たものを日本で活かしていくにはどうしたらいいか、
という方向に思考回路が切り替わったかな。

0325-8

大学生の頃にカナダやフランスにホームステイをしたりして、
自分では海外に慣れたつもりでいたけれど。
やっぱり1ヶ月程度過ごすのと、数年間生活するのとでは全然違う。

0325-10

2年と数ヶ月でも、本当はまだまだ。
その国をようやく少しだけ知りはじめたくらい。

0325-11

それでも、日本では知り得なかったことをたくさん経験できたし、
自分で学んで考える機会を与えられた。

0325-12

辛くて大変なこともたくさんたくさんあったけれど、
それよりずっと楽しくて幸せなことが多かったかな。
ここに連れてきてくれた夫には感謝しなくちゃね。

0325-13

もうすぐ始まる日本での生活が、
わたしたちにとっても本当の新しい第一歩。
幸せなものにできるかどうかは、自分たち次第。

0325-14

それまでは、力いっぱいNYを楽しんでおかなくちゃ!!

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/804-53e0f7a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。