--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0223-2

 とある雪の土曜日、ずっと前から約束していたカンバセーションパートナーとのブランチに行ってきました。ここのところ毎週のようにブランチづいていたのは、実は彼との約束が土壇場になってキャンセルされていたせい。1回目は直前になっても連絡がつかず、2回目は風邪をひいてしまったとのこと。レストランの予約はもうしてあったので、結局夫と2人だけで出かけていました。

 今回は3度目の正直!彼のオススメのお店、East VillageにあるPaprikaへ行ってきました。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0223-1

前日の雪で、足下はぐしょぐしょ。
この日も雪が降るかもしれず、
のんびりブランチにはいまいちなお天気でしたが。
彼はちゃんと来てくれました!
夫と彼と3人でのブランチ、ようやく実現。

0223-3

場所はこちら、Paprika
彼が彼女とのデート中に、たまたま歩いていて見つけたそうな。
素朴で、イーストビレッジらしい温もりが感じられる店でした。

0223-4

ここでもわたしはエッグベネディクトを注文。
味は…正直言ってあまり覚えていません。
なぜなら英会話をとぎれなく続けるために、いっぱいいっぱいだったもので。
ちょっと緊張してしゃべらなければいけないときに
食事に集中するのって難しい。

しかも普通のイングリッシュマフィンのエッグベネディクトと違って、
ここのバゲットのベネディクトは食べにくいのです。
美味しいけど、バゲットが固くて、逆に卵は半熟とろとろで、
どうがんばっても手元が…大変なことに。

食事は途中で断念したけれど、会話はとても楽しかった。
彼との英語学校でのカンバセーションミーティングは、12月で終了。
今回は2ヶ月ぶりの再会でした。
やっぱり一緒に話しなれた人との会話は、
聞き返されることも少なくてスムーズ。
彼の英語も聞き取りやすいし、もっと話していたいなあと感じます。

Paprika
110 Saint Marks Pl
(212) 677-6563

0223-5

ブランチのあとは、彼の申し出によりイーストビレッジを案内してもらいました。
わたしは何度もこのあたりをお散歩しているけれど、
同年代のアメリカ人男性の目線で歩くイーストビレッジはこれまた新鮮。

ローカルのアーティストのショップをのぞいたり、
アメリカの年代モノのおもちゃが並ぶトイショップを一周したり。
トイショップでは、「この野球選手カード、1986年のものだよ!ぼくも持ってた」
とか、「これは初代スターウォーズのフィギュア。なつかしいなあ」
などなど解説つき。
このトイショップ、まるでアメリカのジャンクなおもちゃ歴史博物館のようです。
夫も気に入ったようで、真剣に物色しておりました。

話に夢中で、写真撮ってくるの忘れた…。よって店名もわからず。すみません。

0223-6

こちらはSaint Mark's Church。
1799年に建てられた古い教会です。
SATCにも出てきましたね。
Season6で、パーティクイーンの葬儀が行われた場所です。

この日は、約3時間ほど英語漬け。
これが毎日続けば英会話も上達するんでしょうけど。
なかなかそうはいかないのが悲しいところです。

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/797-4686c3fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。