FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0217-2

 とある日曜日、1日かけてゆっくり美術鑑賞したいという夫の希望で、午前中からThe Metropolitan Museum of Artに行ってきました。今回の(わたしの)目的は、1Fの西側にあるPetrie Court Café and Wine Barで、PM2:30からサーブされるアフタヌーンティー。一度ためしてみたかったのです。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0217-8

さすが日曜日、いつも混んでいるMetはさらに大混雑。
PM2:15からPetrie Court Café and Wine Barに並び始めましたが、
たっぷり30分は待たされました。

待ち時間、夫がぶーぶー言うので
「じゃあ、わたしが並んでるからそのへん見てくれば?」
と言ったら、嬉々として出かけていきました。

30分後、ようやく着席。
お隣のテーブルでは、にぎやかなバースデーランチが。
スタッフによるバースデーソングのプレゼント。
マダムたち、子供のような笑顔で楽しんでいました。

0217-9

セントラルパークに面した窓から、明るい光が射し込むPetrie Court Café
お気に入りの場所の1つです。

0217-7

しばらくして、念願のアフタヌーンティーが登場。
サンドイッチにチョコレートケーキにミニタルト、
ブルーベリーのスコーンもなかなか美味しい。
お昼抜きの午後、紅茶と一緒に優雅な軽食。

惜しむらくは、テーブル数に対してスタッフの数が
足りなすぎるのか、サービスがいまいちだったこと。
頼んだことはことごとく忘れられてるし、
なかなか注文の品も出てこないし。
出されたナイフがちょっと汚れていたりして。
平日に来たときはこんなこと感じなかったけどなあ。

0217-1

でもって、アフタヌーンティーはやっぱりお友達と来るべきだよね。
早く行こうと夫がうるさくて、のんびりゆったりできないです。

0217-4

ついでに、お気に入りの絵画をいくつか。

Thomas Couture:Soap Bubbles 1859.

憂いに満ちた美少年に、目が釘付け。
美しいっっ・・・・・・・・。
しばらく絵の前を動けませんでした。

0217-5

Edouard Villard:Garden at Vaucresson 1920

庭に降り注ぐ暖かな陽光が感じられるような絵。
家の外壁にゆれる木漏れ日が印象的。

0217-6

Gustav Klimt:Mada Primavesi 1912

ラベンダー色の背景と、白いドレスのコントラストが美しい。
まっすぐに前を見つめる少女の桃色のほっぺ。

この3作品は、どれも19-20世紀ヨーロッパ絵画のセクションに展示されています。

0217-3

こちらはMetの2FにあるBalcony Bar
ここも開放感があって素敵です。

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/796-b5f4013e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。