FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0228-1

 すでに、NYにある主要な美術館、博物館は見尽くした感があるけれど。まだまだ訪れていない小さな美術館はたくさんあります。今回たずねたThe Museum of American Illustrationもその1つ。わたしの好きなイラストレーションをテーマとしたギャラリーです。

 その後、ミッドタウンをぶらぶらお散歩。最近は何気なく通り過ぎてしまっている場所でも、もう一度カメラを構えて眺めてみると、また新たな一面が見えてきます。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0228-2

The Museum of American Illustrationのギャラリーは、
the Society of Illustratorsが管理する建物の1階と地下1階を占めています。

アメリカのイラストレーションの芸術性と評価を向上させるために
設立されたthe Society of Illustrators。設立はなんと1901年。
1世紀以上の長い歴史を持つ団体なんですね。

0228-3

現在は、Book and Editorialというエキシビションが開催中。
書籍のなかで使われたイラストレーションを展示しています。

大きな美術館に飾られる有名な絵画もいいけれど、
大衆的で親しみやすい、でもさまざまな表現が可能な
イラストレーションがわたしは大好き。
日本人のイラストレーターさんの作品も展示されていました。
どれも個性的で、見る者をくすりとさせるユーモアがあったり、
胸を打つような魅力的な光景が描かれていたり。

残念なのは、ギャラリーのスペースがとても小さいこと。
もっともっとたくさんの絵を広いスペースで見たかったなあ。

The Museum of American Illustration
128 East 63rd Street
(between Park and Lexington Avenues)
(212) 838-2560

0228-4

ギャラリーを見終わったあと、まだまだ時間があったのでミッドタウンへ。
冬の間、ほろをかぶせられていたBryant Parkのカルーセル、
いつのまにか営業再開していました。

0228-5

クラシカルで美しいカルーセルの馬たち。
料金は2$。

0228-6

おおいかぶさるように。
木々が鮮やかな緑で彩られる日も、もうすぐ、もうすぐ。

0228-7

小さなおまわりさんの詰め所。
今日もご苦労様です。

0228-8

見上げれば、青空にいつもクライスラービルディング。

0228-9

地下鉄の駅へ向かって、Rockefeller Centerの前を通りすぎたら。
ん?なにかしら、あの青く光る物体は。

0228-10

クリスマスツリーが飾られていた場所に、
きらきらと輝くElectric Fountain。
イギリスのアーティスト、Tim NobleとSue Websterの手による
パブリックアートだそうで。

0228-11

正直、その美的センスは微妙…ですけど。
なんつーの、70~80年代に考えられた未来都市っぽいかんじ?

Rockefeller Centerって、よくいろいろなパブリックアートやイベントを開催しますよね。
ここの前を通るたびに、なにか新しいものを見かける気がします。

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/795-bbd10a0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。