FC2ブログ
--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0125-6

 NYC Restaurant Week Winter 2008で、Meatpacking DistrictにあるイタリアンDel Postoに行ってきました。ランチのあとは、新しくできたコンテンポラリーアートの美術館New Museumへ。アートなのかなんなのかよくわからない展示作品に「???」状態になりつつ、夕暮れまでCaffe Falaiでのんびり。帰国までに行ってみたかった注目スポットを1日でまわれて大満足です。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0125-3

ひさびさに昼間のMeatpacking Districtへ。
お気に入りのショップbodumがつぶれていてびっくり。
そのお隣のLittle Pie Companyもなくなってた!!
やはりMeatpacking Districtは昼間は人が集まらないから、
ショッピングスポットとして成功させるのは難しいのかも…。

0125-4

10th Aveまで進んで、ようやくDel Postoに到着。
ここはおなじみセレブシェフのMario Bataliが作ったお店。
普段はかなりお高いので、レストランウィークで行く価値が
あると思って予約しました。

1階のひろびろとしたダイニングスペース、
それを取り巻くようにデザインされた中2階のスペース、
そして中央は吹き抜けの高い天井と、エレガントで美しい店内。

0125-1

わたしたちは中2階の奥のテーブルに案内されました。
温かいパンが運ばれてきて、バターは2種類。
ドリンクにミモザ(だったかな)がサービスでついてきました。

前菜にはクリームスープ。
メインにはサーモン。
デザートにはチョコレートスフレを。
スープもコクがあって、とくにサーモンはふっくらとやわらかく
とろけるようなお味で、濃厚なスフレもさっぱりとしたアイスもとっても
美味しかったのだけれど。

やっぱりレストランウィークメニューだからか、サイズがちっちゃい…。
メインなんて、大きなお皿にちんまり。
これは高級店では仕方のないことなの?
お味もサービスも悪くなかっただけに、それだけが心にひっかかりました。

0125-5

スープは普通サイズだけれど、通常のメニューにはないもののようです。
お友達のサラダは、やっぱり大きなお皿の中でちょっと寂しいかんじでした。
いや、もしかしたら日本人サイズかもしれないんだけど、
もうよくわかんなくなっちゃった。
胃の拡張、すでに完了済み。

Del Posto
85 10th Ave
212-497-8090

0125-7

8th Aveを横切って。
クロスタウンバスで地下鉄の駅まで。

0125-8

Sara Roosevelt Parkわきの駅で下車。
すでに冬の陽射しは傾きかけて。

0125-12

The New Museum of Contemporary Artに到着!
建物は日本人の建築家、妹島和世さんと西沢立衛さんのデザイン。
古びた建物が並ぶBowery St付近で、異彩を放っています。

0125-9

最上階、世界各国の雑誌が並ぶリソースルームから。
Nolita、Sohoの風景。

0125-10

建物は7階建て。
階段でも移動できるけれど、下をのぞくとくらくらします。

現在開催中のエキシビションは、下記の4つ。

Unmonumental: The Object in the 21st Century
YOUNG-HAE CHANG HEAVY INDUSTRIES
Collage: The Unmonumental Picture
Jeffrey Inaba

どんな展示品かっつーと、えーと、これをアートと認めたのは
どんな理由で?だれが評価したの?その評価基準は?と
じっくり評論家さんあたりにインタビューしてみたいかんじ。
まあ、コンテンポラリーアートってなんでもありだよね。

でもお友達と不思議な展示品のあいだをすりぬけながら、
これっていったいなんなんだろねー、なにを言いたいんだろねー、
なんておしゃべりしつつ館内をめぐるのも楽しいもんです。

New Museum
235 Bowery
212.219.1222

0125-11

New Museumの前から見えた、夕陽に輝くエンパイア。

0125-13

Bowery StからNolitaを突っ切ってSohoまで。
途中で見かけたコラージュ壁画。

0125-14

おなじみCafe Habana。
ここも帰るまでに一度行ってみたいんだけど。

0125-15

かわいい子供用自転車。

0125-16

Caffe Falaiに到着!
こじんまりとした居心地のよい空間。

0125-17

バースペースも。
ワインも各種そろっています。

0125-2

この日は夫も飲み会。
お友達と暗くなるまでのんびり、のんびり。

ところで、わたしがチョイスしたこの白いケーキはあまりイケてなかった。
クリームの味ばかりがして、単調なかんじ。
お友達が頼んだドーナツ(?)は美味しかったそうです。

Caffe Falai
265 Lafayette St
(917) 338-6207

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/767-76e5ce8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。