FC2ブログ
0828-1

 US OPEN2日目の夜。開場時刻の6時少し前にShea Stadium駅に着くと、ゲートにはすでにたくさんの人が並んでいました。例のごとく、手荷物検査に時間がかかるのです。手ぶらの人専用の列もあって、こちらはすいすい進んでいました。できることなら、こういう場所にはバッグなしで行きたいですね。

 会場に入ってみると、噴水前は待ち合わせをする人や夕食をつまむ人たちでいっぱい。遅れてくる夫を待ってはいられないので、わたしも近くのショップでパニーニを買って、噴水に腰掛けて早めの夕食。そうこうするうちに、メインコートArthur Ashe Stadiumの開門です。

 マンハッタンの方向を見ると、見事な夕焼け。雨の心配もなく、最高のテニス観戦日和。

0828-2

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0828-3

試合開始は、だいたい7時半過ぎから8時くらいだったでしょうか。
スタジアムの空がピンク色に染められていきます。

なお、US OPEN会場のグルメ事情は、野球場に比べると数段マシ。
ホットドッグやハンバーガー以外にもピザなど数種類のスタンドがあるし、
ビールだけでなくワインなんかも飲めちゃったりします。
スタジアムの外に出れば、ちょっとしたカフェやグリルも店を出しているので、
マンハッタンからわざわざ食べ物を買ってくる必要はありません。

0828-14

いよいよ始まりました!
といっても、最初は歌(アメリカ国歌ではないけれど、それに匹敵する有名な歌)
と軍人さんによる国旗の掲揚。
この日はボーイズソプラノの可愛い男の子が歌っていました。

0828-7

かのマッケンローも会場に姿を見せました。
彼は今でも大人気。

0828-9

この日の最初の試合は、Maria Sharapova(ランキング2位)とRoberta Vinci(51位)。
ナマSharapovaを一度見てみたかったので、かなり嬉しい。
夫もなんとか試合開始に滑り込みセーフ。

0828-8

それにしても、女子の試合って実力に差があるとどうしてこうも勝負にならないんだろう。
相手のRobertaもがんばってはいたけど、ぜんぜん歯が立たないってかんじ。
彼女が1ポイントでも取ると、会場から拍手。
1ゲームでも取ろうもんなら大騒ぎ。

0828-10

でもそんなSharapovaも、今年の大会では3回戦敗退。
勝負の世界は厳しいですね。

0828-4

2試合目は、アメリカで大人気のAndy Roddick(ランキング5位)と
Justin Gimelstob(475位)の試合。
どちらもアメリカの選手です。

Andy Roddickは25歳、2003年にUS OPENで優勝したこともある実力者。

0828-5

相手のJustinのランキングだけを見れば、
この試合もさっくり終わってしまうと思われたのですが…。

大方の予想を覆して、Justin大健闘。
1セット目ではタイブレークに持ち込んだほど。
そこまで行けばどちらがそのセットを取ってもおかしくないので、
Andy圧勝を予想していたわたしたちにとってはびっくりの展開でした。

0828-11

しかも、このJustinのキャラが実にキュート。
ユーモアたっぷりで、審判に抗議をするときも
観客どころか相手のAndyまで味方につけちゃう。

なあ、おまえ(→Andy)もそう思うだろ?おかしいよな?
もう一回サーブやらせてくれよ!
ってなかんじで、審判も彼のキャラに完敗。

0828-12

試合が終わって、がっつり抱き合う二人。
観客席からは、国民的人気がある(はずの)Andyそっちのけで
「I Love You Justin!!」と叫ぶ声も。

本当に、ひいき目なしで彼のプレーは素晴らしかった。
もちろんサーブが弱いなどのウィークポイントはありましたが、
世界のトップ選手を相手にほぼ互角に戦っていました。

0828-13

試合が終わってからのインタビューでは、勝った(はずの)Andyは
しばらく放置され、Justinばかりにマイクが向けられていました。
そのうち、Justinがマイクを持ってAndyに勝利インタビュー。
苦笑しながらも、「タフな試合でした」と語るAndyも可愛い。

そのあとは、お返しにAndyがJustinにインタビュー。
ほほえましいワンシーン。

0828-6

最初から最後まで、楽しませてもらった試合でした。
テニス選手には観客に愛されるキャラも必要なのね。
Justin、すっかり会場を味方につけていたもの。
Andyがちょっと可哀想になるくらい。

そんなAndyは、QuarterfinalsでRoger Federerに敗退。
ランキングは5位のままです。

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/657-cd03dcc3