FC2ブログ
0825-3

 先週、残暑どころか寒くて寒くて、すっかり秋の気配がただよっていたNY。週末にようやくもどってきた夏の暑さがうれしくて、コニーアイランドに行ってきました。折しも、夏の象徴ビーチバレーの大会が開催中。AVP Brooklyn Openという有名なプロバレーボーラーたちの大会です。タンパやボストンなど、全米をまわっているツアーの1つ。

 もちろんチケットを買わないと会場に入れないので、本気で見るつもりはなく、会場の周囲をうろうろ探検していたら。たまたま通りかかったお兄さんが、「試合に興味あるの? チケット2枚あまってるからあげるよ」とな。えーーーまじっすかーーー。いいの?ほんとにいいの?と確認したら、ほらどうぞ、とチケットを差し出してくれたのでありがたく頂戴しちゃいました。

 ラッキー!!てことで初のビーチバレー大会観戦です。

0825-4

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0825-1

ここが入り口。
チケットを見せると、再入場のときのために手に
ニコちゃんマークのハンコを押してくれます。

0825-2

わたしたちがのぞいていた会場の出口の1つ。
ここでたまたまチケットをもらっちゃいました。
なお、チケットのお値段は1枚20$なり。

0825-5

メイン会場では、ちょうど男子決勝戦の真っ最中!
2セットめから観戦できました。

会場は大入り満員。
Tシャツ、短パン、上半身裸や水着姿の人も多く、夏!!ってかんじ。
気分も盛り上がります。

0825-18

普通のバレーボールとは違い、たった2人でコートを守り、
1人がトスを上げて1人がアタックして、ポイントを取っていく
なんともハードなスポーツ。
しかも足元は砂場ですよ。過酷。

0825-6

試合の合間には、ビキニガールズによるパワフルなダンスも。
プレゼントが会場に投げ込まれたり、
アナウンサーの掛け声で会場全体でウエイブしたり。
休憩時間も飽きさせない工夫がいっぱい。

Kiss Camなんていうゲームもあって、
会場の大画面に映し出された2人はキスしなくちゃいけないというもの。
男女だけでなくなぜか男&男の場合も。
どうやらその2人はゲイではなかったらしく、
「冗談じゃねーや!」とばかりに一方が一方を
思いっきり突き飛ばしていました。
会場は笑いの渦。

0825-7

Aaron Wachtfogel
彼は現在マンハッタン在住らしく、地元の大声援を受けていました。

サーブのときには独特の掛け声も。
日本の掛け声と微妙に違って、でも感覚は一緒。
「ウゥ~~~ブン!!」てなかんじ。

0825-8

Aaron Wachtfogelと彼のパートナー、Scott Wong
休憩中のワンショット。

0825-9

Scott Wong。かっこいい~~~~!!
てことで応援するチーム、即座に決定。
なんといっても見た目が大事。

0825-10

Scott Wong
サーブを待つ緊張の一時。

0825-11

でも、残念ながらAaron Wachtfogel & Scott Wong組は負けちゃいました。
優勝したのは、Phil Dalhausser & Todd Rogers組。
かなり白熱した試合でしたが、振り返ってみれば
2セット連取の完璧な試合運び。

0825-12

試合では負けちゃいましたが、
Aaron Wachtfogel & Scott Wong組はAVP's best team賞を受賞。

0825-13

男子の後は、女子の試合。
Misty May-Treanor & Kerri Walsh組。
彼女たちは日曜日の決勝戦で結果的に優勝しました。

0825-14

女子の試合も、男子に負けず劣らず大迫力。
バシッとアタックを決める瞬間、かっこいい~!

0825-15

Misty May-Treanor & Kerri Walsh組。

0825-16

Annett Davis & Jenny Johnson Jordan組。

0825-17

女子の試合は1セットだけ観戦して、退散。
外のコートでも試合をやっていました。
海辺でビーチバレー、これぞアメリカの夏。
なんたってアメリカ発祥のスポーツですもんね。

ビーチバレーについて知りたい方は、コチラをどうぞ。

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/647-5f4a3cf7