FC2ブログ
12242-7

 ナスカへの遊覧飛行の発着所になっているイカは、ガイドブックにも記載されていない小さな町。砂漠の中のオアシスです。いったいどうなっているのか、見渡す限りの砂漠の大地に突如として緑の水をたたえた池が出現しています。ドラクエなどのRPGに出てくるような、絵に描いたようなオアシスでした。

12242-18

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。


12242-3

 リマからプロペラ機に乗ってイカへ。上の写真はリマ上空から撮影しました。なんだか平面的な光景。リマはペルーの首都ですが、高層ビルというのはほとんど見かけません。

12242-4

 イカに近づくと、黄金色の砂丘が見えてきます。ペルーは国土は小さいながら、変化に富んだ豊かな自然に出会える国。アマゾンのジャングル、砂漠、海、4000メートル級の山々となんでもござれ。

12242-5
砂丘を走れるバイクツアーもあります。
12242-6
赤い壁がキュートな建物。

 プロペラ機は無事にイカに到着。遊覧飛行の時間まで、オアシスの周囲を歩いてお散歩しました。池の周りには小さな店が立ち並び、子供たちが自転車に乗ったり水浴びをしたりして遊んでいます。なんとものどかな風景。

12242-8
ボートもありました。
12242-9
色鮮やかな南国の花。
12242-10
白い小さなマリア様。
12242-11
泥遊びをしている少年たち。
12242-13
自転車に乗っている子供たちも。
12242-14
ペルーではほとんどのわんこが放し飼い。
というより野犬なのかしら?

12242-12
砂丘にぽつりぽつりと立ち並ぶ電燈。

 オアシスを探検したあとは、小さな博物館へ。ナスカの地上絵と同じモチーフが描かれた陶器の数々や、頭蓋骨に穴を開けた手術跡が残るミイラなどなど。ナスカの人々が高度な医療技術を持っていたことを証明しています。さらに、生まれた子供の頭を板で挟み、頭蓋骨を細長く変形させた長頭族の頭蓋骨も。細長い頭が美しいとされていたようですが…やっぱりコワイ。

 残念ながら撮影禁止で写真が撮れませんでしたが、意外と見ごたえのある博物館でした。ミイラなんて日本の即身仏みたいなかんじで、思いっきりリアルです。髪の毛とか。皮膚とか。

12242-15

 遊覧飛行のあとは、イカにあるリゾートホテルHOTEL LAS DUNASでランチ。プールサイドのテーブルでビュッフェ形式のお食事をいただきます。味は正直微妙…でしたが、きらきら光るプールの水面や風に揺れる花々を眺めながら食べるランチは気持ちいい!

 ああでも、ランチが遊覧飛行のあとで本当にヨカッタと思います。セスナに乗る前だったらやばかったですよ、絶対。わたしたちの連れのお友達2人(夫の同僚、男性2名)も、酔い止めを飲んでいたにも関わらず飛行中は食べたものが喉元までせりあがってきていたと言っていましたからね。あぶないあぶない。

12242-16
12242-1
12242-17
巨大なチェスもありました。

 この日はクリスマスイブ。リマに戻ってから、4人でディナーに出かけました。Norky'sというレストランで、炭火焼チキンや名物のピスコサワーを堪能。ペルーの夜はにぎやかに更けていったのでした。

12242-2


読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/507-396b4671