FC2ブログ
330-4

 すっかり放置しておりましたが、ボストン旅行2日目のログ。本日のメインはIsabella Stewart Gardner Museumとボストン名物Duck Tours、そしてHarvard Universityでございます。早起きして、まずはIsabella Stewart Gardner Museumへ!

330-11

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
330-12

 Isabella Stewart Gardner Museumは、ボストンの資産家Isabella Stewart Gardnerによって1903年に建てられた美術館。個人の邸宅の1階から3階までを美術館として一般に開放しています。1924年に息を引き取るまで、彼女自身は4階に住んでいたそうな。

 Venetian Renaissance様式の壮麗な石造りの宮殿の中心には、緑に覆われた中庭が広がっています。たわわに実るフルーツや美しく咲き乱れる季節の花々、丹念に手入れされた緑の木々。まるでエデンの園かラピュタのよう。しっかり屋根もある建物の中に、4階まで吹き抜けのこんな素敵な中庭を作るなんて、オーナーのセンスの良さが偲ばれます。

 彼女自身が集めた美術品のコレクションも相当なもの。 John Singer SargentやJames McNeill Whistler、Matisseなどなど。彼女が暮らしていた頃と同じ部屋、同じ位置に今も展示されています。しかし、やはり一般の美術館と比べると保存の状態がイマイチ。日の光が当たっちゃってるんじゃないの、コレ…とちょっと心配になってしまいます。

 案の定、管理に甘さがあったようで、1990年の3月18日には大規模な盗難事件が発生。Vermeer の"The Concert"、RembrandtsのThe Storm on the Sea of Galileeを含む3作品、Manet、Degas、Govaert Flinckなどの超有名作品が、一夜にしてごっそり盗まれてしまいます。これはアメリカ史上最悪の未解決盗難事件だそう。確かに、飾ってある絵画も彫刻もなんだか無造作だし、係員もあんまりしっかりチェックしてないっぽい。これじゃ簡単に美術品に触ったりできちゃうんじゃないかしら。でも、この美術館っぽくない自然な展示が、大富豪のお宅に招かれたような気分にさせてくれてとっても素敵なんですけどね。

Isabella Stewart Gardner Museum
280 The Fenway, Boston MA 02115
617 566 1401

330-19

 さて、お次はBoston Duck Tours。ずいぶん人気のようで、当日にチケットを買いに行ったら、Prudential Tower発のツアーはもう売り切れ。仕方なくThe Museum of Science発(出発場所は2カ所のみ)のツアーに申し込みました。

 でも、コレなかなかおもしろいので時間があれば一度乗ってみることをオススメします。Duckとは、もともと軍が使用していた水陸両用の乗り物。陽気なドライバーのおじちゃんが、観光案内をしながらボストンの主要なスポットを回ってくれます。最後にはCharles Riverにドボン!と飛び込み、ちゃぷちゃぷと水辺をお散歩。ちょっとだけスリルもあって楽しめました。

Boston Duck Tours
↑詳しい情報はコチラ。

330-1
330-13
330-2
330-3
330-5
330-6
330-14
330-7
330-15
330-18


 Duckを降りた後は、地下鉄に乗ってCambridgeへ。折しもHarvardの駅前ではフェスティバルが開催中。なにやらロックバンドの方々がにぎやかに音楽を演奏しておりました。

 時間はあまりなかったので、駆け足でHarvard Universityをちらっと見学。さすがアメリカの頭脳を生み出す聖地、歴史が刻まれたレンガ造りの重厚な校舎が素敵です。ミーハー気分丸出しで、大学のCOOPでTシャツまで買ってきちゃいました(←今はこれを着てテニスやってます)。

The Coop at Harvard Square
1400 Massachusetts Ave.
Cambridge, MA, 02238
617-499-2000

330-8
330-10
330-17
330-9
330-16


 最後にMIT(Massachusetts Institute of Technology)もちょこっとのぞいて、その近くの有名店Legal Sea Foodsへ。クラムチャウダーにムール貝、シーフードの前菜盛り合わせ、さらに牡蛎やシュリンプのフライをたっぷり。ちょっと注文しすぎて、とても2人では食べきれない!

 どれもハズレではなかったけれど、フライはわりと平凡な味だったかな。シーフードの前菜やムール貝のワイン蒸しのほうが、素材の味が生きてて美味しかったかも。

 ところで、ボストンは学生の街ということもあって、お酒を飲むときのID確認がとっても厳しいので要注意。わたしはいちおうパスポートのコピーを持っていたのですが、コピーじゃダメということでお酒を注文できませんでした。もうミソジなのに。ちっ。

Legal Sea Foods
Kendall Square5 Cambridge Center
Cambridge, MA 02139
617.864.3400

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。

330-20
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://soranokanatainny.blog20.fc2.com/tb.php/377-92fd2a7d