--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/30/2007    パレード前夜。
1121-5

 紅葉シーズンにホリデイシーズン、暇さえあればカメラを抱えてあちこち徘徊する今日このごろ。あまりに写真を撮りすぎて、さっぱり更新が追いつきません。山のようにたまった日付ごとのフォルダを横目に、内心あせりつつ放置状態。

 でも、ちょっとずつは更新していかないとね。季節ネタは早めに消化しないとね。ということで、旅行前夜、サンクスギビングパレード前日に撮ったバルーンたちをご紹介。

 翌日のパレードに向けて、バルーンたちは前日の昼間にアッパーウエストの路上で空気を入れられて準備されます。毎年多くの人が道の真ん中に横たわるバルーン見たさにわざわざやってくるんですね。わたしもそのひとり。本番のパレードは旅行で見られないので、せめてバルーンだけでもと思って行ってきました。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
more open !?
スポンサーサイト
11/29/2007    祝!目標到達。
toeic1

 先日受けたTOEICの結果が、予定よりだいぶ遅れてようやく送られてきました。今回はちょっと手ごたえを感じていたので、どきどきしながら封筒を開けてみると…やったー目標の900点到達!! ちょうど、ぴったり、900点。

 アメリカに来てから2年と2ヶ月、やっと目標をクリアすることができました。もっと簡単に点数上がるかなと思っていたけれど、なかなかどうして。ただNYに住んでいるだけで英語が上達するというのは甘い幻想でした。

 最初の頃に受けた数回、700点台からさっぱり進歩しなかったので、ちゃんと試験前はまじめに勉強するようになって、今回は3度目の正直。700点台から830点が2回、で、今回の900点です。

 今回はスコアの証明書のほかに、グラマーや読解力、ボキャブラリーなどそれぞれの能力の到達度を示すスコアリポートが付いてきました。ちなみに、リスニングが490点、リーディングが410点。わたしがいちばん弱いのは…リーディングのグラマー。到達度は75%。わかっていたことだけれど、ありゃりゃってかんじ。これでも試験前にグラマーの参考書をきっちり見直したんだけどなあ。足りなかったみたいです。

 TOEICはリスニングとリーディングの問題しかないので、900点でもスピーキングはまだまだ。でも、TVのニュースはほぼわかるようになったし、旅行先でのガイドさんの話もだいたい聞き取れるし、新聞や小説も(辞書があったほうがなおいいけど)ストレスなく読めるようになってきました。

 帰国まであと数ヶ月。目標はいちおう達成したけれど、やる気を保つためにもう1回くらいTOEIC受けておこうかな。リーディングのスコアをあともう少し、アップさせたいし。これからも楽しく英語の勉強を続けたいと思います!

toeic2


読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
miami1

 サンクスギビングの連休を利用して、マイアミとキーウエストに4泊5日の旅行に行ってきました。東海岸一帯を覆っていた雨雲と連休の混雑のせいで、飛行機が遅れに遅れ、家に帰りついたのは本日の夜中2時過ぎ。つっかれたーーーーー…。

 でも、きっともう2度とは見られない貴重な風景をいっぱいカメラに収めてきました。上の写真は、キーウエストから2時間かけて船で行ったDry Tortugas National Park。朽ち果てた要塞が、青い青い海の真ん中に浮かんでいます。

 島で過ごしたのは4時間ほど。その間に、砦を探検したりシュノーケリングをしたり。砦を囲む煉瓦の壁の周辺には、鮮やかな赤や紫の珊瑚がたくさん。大小さまざまな魚も集まってきています。わたしたちは出会わなかったけれど、小型の鮫もこのあたりに住んでいるみたい。

 下の写真は、マイアミの近くに広がる大湿原、Everglades National Parkのアリゲーター(ワニ)。もうほんと普通に、道端に寝そべっていたり、川面をゆうゆうと泳いでいたり、そこらじゅうで見かけます。見てみて、この迫力満点の鋭い眼光。寝ているワニは「…生きてる?」と疑いたくなるほど微動だにしないけれど、泳いでいるワニはけっこう怖い。どきどきしながらも、しばし彼らと見つめ合ってまいりました。

 詳しい旅行記は、日本に帰国してからのんびりと。今後はまたNYログにもどります。

miami2

読んだ後にココをぽちっと押していただけると嬉しいかぎり。応援クリックよろしくお願いします。
11/21/2007    METのクリスマス。
1120-5

 本日から、The Metropolitan Museum of Artで恒例のクリスマスツリーの展示が始まりました。去年だけなぜか撮影禁止でしたが、今年からはOK。フラッシュさえ使用しなければ撮影自由です。でも、フラッシュ使えないとブレちゃうんですけどね。ま、それはしょうがない。今回は細部までじっくり撮ってきました。

 また、ずっと長い間リノベーションのため閉鎖されていたOceanic ArtとNative North Americaのギャラリーがオープンしたので、そちらもご紹介。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
0923-2

 Sleepy Hollow探検、第2弾。いよいよ、Headless Horseman(首なし騎士)が夜な夜な徘徊したというOld Dutch Churchへ。…といっても、さんさんとした秋の陽射しのもと訪れる教会には、ゴシックホラーの陰惨な雰囲気なんてほとんどありませんけど。

 でも、教会裏の朽ち果てた古い墓地には、ちょっとだけ。森の中の美しい小さな橋にも、ちょっとだけ。ずっと語り継がれてきた伝説の気配を感じました。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。