--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/31/2005    Halloweenの夜。
44-1
↑ハロウィンパレードの様子。ガイコツの行進。
↓ちょいかっこいいデビルのお兄さん。

44-2

 同じアパート住人のJさんと一緒に、New York's Village Halloween Paradeを見に行ってきました!

 パレードのコースは6th AveをSpring Streetから21th stをまっすぐ北上。わたしたちはHouston Stの駅で降りて、そのあたりで待機することにしました。パレードが始まる1時間前から、飲み物とスナックを傍らに置いて準備万端。

 今日が比較的暖かい日で本当にヨカッタ!露出過多の仮装をする方々にとっても、さぞかしありがたいお天気だったことでしょう。ほとんどハダカ、の人々もいらっしゃいましたからね。

 予定の7時をまわった頃、通りを行進する人々がやってきました。最初は寄付を募る方々と魔女の集団。そこからだいぶ間があいて、本格的なパレードのはじまりはじまり。

 いやー、みなさん力入ってますねえ。基本的に、血みどろのホラー系の仮装が多し。不思議の国のアリスちゃんが、血まみれのワンピースを着て「帽子屋」の首を槍に刺して行進してましたよ。くわばらくわばら。

 ホラー系以外で「これは!」と思った仮装は、“ハリケーンの現場で風に飛ばされそうになりながらリポートをするレポーター”。彼は黄色いカッパをかぶり、FOXのマイクを持って、そのマイクに仕込んだ水鉄砲からぴゅーっと水を出し、風にあおられ、ずぶぬれになりながら必死でリポートする…というパフォーマンスで、見物客から喝采を受けていました。今年はこういう映像をいやというほど見せられましたからね。

 そのほか、時事ネタで“Bird Flu”。鳥インフルエンザです。日本でも騒がれていますが、アメリカでもしかり。マスクをして鼻水をたらし、ごほごほセキをした鶏さんたちの集団が、目の前を通り過ぎていきました。

 2時間ほどパレードを満喫し(いつまでたっても終わらないので途中で切り上げ)、Upper WestにもどってJさんオススメのレストランへGO!

 82stにある「RAIN」は、タイ・マレーシア・ベトナム料理をミックスしたレストラン。一歩店内に入ると、ここもハロウィン一色!スタッフもみな思い思いの仮装をして、店の一角にはホーンテッドハウスまで。オバケ屋敷、ぜひ入りたかったのだけど…気付いたらClosedになってました。残念。

 生春巻き、ヌードル、チキンのカシューナッツ炒めを注文して、どれもハズレなし。お店の雰囲気もいいし、値段もそんなに高くないし、ここはかなり素敵かも。いくつか姉妹店があるようなので、そこもチェックしてみよう。

44-3
↑なんだったのかよくわからないけど、でっかいハリボテ。よく見るとコワイ。
↓オバケとは関係ない仮装のヒトも多し。

44-4

44-5
↑こんなひとびとがゾロゾロ。
↓自分で作ったのかな…。気合入りまくり。

44-6

44-7
↑バイクの集団も。
↓アパートメントの階段に飾られていたジャック・オ・ランタン。

44-8

44-9
↑↓RAIN店内。雰囲気もいいし、料理の味もGood。
44-10

スポンサーサイト
43-1
↑Central Parkにて。
↓子どもを呼ぶお母さん。

43-2

 今日でSummer Time終了。朝起きたら、部屋の中の時計をすべて1時間戻しました。なんか不思議。1時間得した…ってことなんだよね。

 朝10時すぎから行動を開始して、家事を片付け、2人でCentral Parkを通りつつミッドタウンまで行ってみることに。

 86thから公園内に入って、目指すはWollman Rink。もう開いているかどうか、確認するために。

 今日はめずらしく暖かい日。コートを着て歩いていると汗ばむほど。写真を撮りながらゆっくり歩いて、ちょっと迷いつつもWollman Rinkに到着。

 予想通り!開いていました。リンク一面に氷が張られ、軽快な音楽とともにみんなすいすい楽しそうに滑っています。いいなあ、わたしも滑りたい。

 テラスの上からリンクをしばらく眺め、ハワイから帰ってきたら絶対滑りに来るぞ、と決意を新たに。

 Central Parkを南東の端から出て、Madison Aveをてくてく。49thあたりまで南下して、散髪に行くというダンナと一時解散。わたしは近くの紀伊国屋へ。

 ああ、懐かしい日本語の雑誌にマンガ…!と目を輝かせて店内をぐるぐる。旅行のガイドブックと東京カレンダーのMook「Priority NewYork」を購入してしまいました。あまりにも美しい街の写真に惹かれて。こんな写真が撮れるようになりたいな。

 紀伊国屋で散髪を終えたダンナと落ち合い、トルコ料理のDERVISHへ。念願のムサカを注文。なかなか美味でございました。

 Times Squareの駅に向かう途中、キラキラのネオンに惹かれてTOYSRUSに寄り道。この巨大なおもちゃ屋さんの中には、観覧車はあるし動いて吼えるティラノサウルスはいるし、レゴでできたキングコングはエンパイアステートに登ってるし、ちょっとしたアミューズメントパークの様相。

 よくできた恐竜を、下からしげしげと眺めてしまいました。尻尾も首の動きもリアルだなあ、と。

 空飛ぶ円盤のラジコンがひゅんひゅん頭上を飛んでたりして、油断できない。

 にぎやかな店内を一周して、満足して帰宅。本日もおのぼりさんでした。NYにはまだまだ訪れるべき場所がたくさんあります。
 
43-3
↑Park内の野球場にて。
↓芝生の上で。

43-4

43-5
↑トンネルの中からParkをのぞむ。
↓まだ葉は緑。

43-6

43-7
↑Conservatory WaterのCafeにて。
↓Conservatory Waterでは、ヨットのラジコンがレンタルできます。黒いフロックコートのユダヤ人のおじいちゃんに注目。

43-8

43-9
↑もうすぐハロウィン。フェイスペインティングしてもらっている女の子。
↓動物園があるArsenalの南側の門。

43-10

43-11
↑動物園にはアザラシがいるプールも。
↓Wollman Rinkに到着。

43-12

43-13
↑またまたプラザホテル。ちょっとおどろおどろしいかんじ?
↓Central Parkの南東のはしっこから。5th Stにそびえるビル。

43-14

43-15
↑ミッドタウンのあたりで。
↓FOXのビル内。中をのぞくとNewsの生放送中。

43-16

43-17
↑夕食を食べたトルコ料理レストラン「DERVISH」にて。
↓帰りに立ち寄ったおもちゃ屋さんTOYSRUS内の観覧車。

43-18

42-1
↑前回よりもだいぶ紅葉が進んだ山。
↓車の中から。とても綺麗な教会と墓地のそばを通ったので。

42-2

 木曜、金曜と風邪で寝込んでしまい。なんとか復活した土曜日。前から計画していたNew England地方へのドライブ!にMさん一家とYちゃん夫妻、テニスコーチのIさんとともに行ってきました。

 レンタルした車は2台。うちの車はYちゃん夫妻といっしょ。運転はダンナが。

 メンバー全員と合流して、さあ出発というとき。水面下である攻防が繰り広げられました。名づけて席替え合戦。

 えー、まあ単に、車の座席に誰がどこに座るかという問題なわけですが。「学園天国」の昔から、席替えというのは運命がかかっているわけでして。

 いわく。わたしとYちゃんは、後ろの座席に二人で並んで座りたい。飲み物調達のためにドラッグストアに立ち寄った際、二人の意思はぴったり一致、ここでしっかり確認されたわけですが。

 問題発生。

 実は昨晩、わたしと同じコトを考えていたYちゃんは、すでに車の座席の件をダンナ様に先制攻撃しておりまして。

Yちゃん「明日、車で座る席のことなんだけど」
ダンナ様「え?座席って、夫婦2人で並んで座るに決まってんじゃん」

 と言われてしまったらしく。そこでひと悶着があったようで。

 Yちゃんは「大丈夫、大丈夫」とおっしゃいますが、どうしよう…と悩むこと数分。とりあえず、最初の席替えのチャンスまでは、夫婦で隣同士に座っておくことにいたしました。

 ところが。やっぱり、会話は男同士、女同士で交わされることのほうが圧倒的に多くて。斜めに会話交錯。しかも、隣に座ってるとダンナはうるさいことこのうえない。

「運転席のあちこちいじらないで」だの(誰がいじるか!)、「Iさんに電話かけて」だの、電話番号わかんないというと、「だからさっきこっちの電話からかけろって言っただろ!」

 かっちーーーーーん。

 ここで、そこはかとなく車内の空気凍結。

 最初のサービスエリアに到着するまで、うわっつらな会話がひんやりと車内を行き交いました。

 サービスエリアでの休憩が終わると、もう一刻も我慢ならねえということで。車にもどる際、前を行くYちゃんのダンナ様に「○○さん、そろそろ席替えしませんか」と勇気を出して声をかけ。彼をそのまま助手席にどうぞ、どうぞと丁重にご案内。

 Yちゃんと目を見交わし、心の中でガッツポーズ。

 いやあ、それから快適だったのなんのって。車内が平和だったのなんのって。

 やっぱ友達同士っていいよねー!と後ろで大盛り上がり。前の座席でも官○トークで仲良さげに盛り上がっていたので、よかったのではないでしょうか。

 車の中から見る紅葉も綺麗だったし、目的地のThe Apple Barn & Country Bake Shopではアップルパイにリンゴワインにアップルバターとパンプキンバターも購入できたし、ホットアップルジュースは美味しかったし。満足満足。

 その近くの町Benningtonのレストランで食べたメニューはちょっと微妙な味だったけど。帰りはMITSUWAに寄って、山頭火のしおらーめんを堪能。心地よい疲れとともに、NYはマンハッタンにもどってきました。

 また一緒にどっか行こうねー!と手を振り合って、Yちゃん夫妻とサヨナラ。

 えー、今さら申し上げるまでもありませんが。席がえは一回のみ。

42-10
↑The Apple Barn & Country Bake Shopにて。美味しそうなリンゴ。
↓Benningtonの街中の教会。隣にレストラン。

42-4

42-5
↑レストランで注文したのはOur Favoriteというもの。パウンドケーキの上にフルーツ。その上にとろけるチーズ。不思議な味…。
↓教会の横で。

42-6

42-7
↑Apple Barnにもどって激写。陽が傾きかけた農場。
↓Apple Barnの店先にある荷車。

42-8
↓最後にオマケ。MITSUWA内にできた山頭火のラーメン。
42-9


10/26/2005    ある寒い日にCafeで。
41-1
↑ずっと前から気になっていたCafe Lalo。
 Yさんのお誘いで、急遽彼女のお友達とのランチに参加させてもらうことになりました。場所はうちのすぐそば、SAIGON GRILL

 メンバーはAさんとFさんとYさんの3名、そしてわたし。みなさん、コロンビア大のティーチャーズカレッジという英語学校で同じクラスだったそうで。

 SAIGON GRILLのベトナム料理をつつきながら、「ダンナにどれだけ家事をさせるか」などについて大いに語りました。先輩主婦のみなさんの話をふむふむと拝聴。

 SAIGON GRILLから、さらにお茶しようということでCafe Laloに移動。Cafe Laloは以前から行ってみたかった店だったので、とても嬉しい!

 Cafe Laloの店内は、昔のヨーロッパのポスターなどが飾られ、パリのCafeのような落ち着いた雰囲気。ここではカフェモカマッキャートを注文。チーズケーキやタルトやパイも大充実している店なので、今度はスイーツも食べてみたいな。

 店を出た後は、暗くなる前にちょっと買い物をしていこうとBroadwayを南下。すでにかなり気温が下がっているNY、今日も冬物のコート(日本では)を着てきましたが、それでもちょっと耐えられないくらい寒い。

 でも、NYの冬はこんなもんではないそうで。Yさんの「早くコート買わないと、必要なときにはいいのがなくなっちゃうよ」という言葉を聞いて、途端にアセってきました。

 11月の終わりごろにウッドベリー(アウトレット)にでも行って冬支度を整えようかな、とのんびりかまえていましたが。それじゃ遅いだろうな、どうしよう…。

 とりあえず、YさんとAさんと一緒に通りがかりのディスカウントショップをのぞいてみました。ダウンコートが置いてあるコーナーは、かなりの人だかり。

 いろいろ見てみたけど、デザインはイマイチだし、サイズもないし。これからちょっと、冬用のコート探しに本腰を入れなくては…。

41-2
↑壁にはクラシックなポスター。
↓カフェモカマッキャートを注文。

41-3

10/23/2005    Mamma mia!
40-1
↑鳥オトコ。羽を広げたところも撮りたかったな。
↓ドーナツやケーキを売るママと子どもたち。

40-2

 本日は、ブロードウェイミュージカル「Mamma Mia!」に行ってきます。マチネなのでPM2:00から。

 午前中は2人で家事(トイレ、お風呂の掃除+洗濯→ダンナ、部屋の掃除+ブランチの支度→わたし)を片付けていると、何やら外が騒がしい。

 窓をのぞくと、学校の前の通りがにぎやかになっています。早速、カメラを持って外へ。

 ハロウィンが近いこともあって、仮装やペインティングをした子どもたちがいっぱい。学校の秋の文化祭といったかんじで、小規模ながら出店やポニーやトランポリンなどもあって楽しそう。

 子どもたちを撮影してからいったん家にもどって、いざ劇場へ。

 Mamma Mia!は、日本で劇団四季バージョンを一度観ていますが、英語で観るのは初めて。ABBAの音楽もストーリーも素晴らしくて、観るととても幸せになるミュージカル。DANCING QUEENの音楽が流れると、わたしもいっしょに踊りだしたくなっちゃいます。

 ダンナもけっこう気に入ったようで、夜、家で音楽をダウンロードして聴いていました。やっぱり、自分が大好きなものを他のヒトも好きになってくれると、とても嬉しい。

 ラストは観客全員立ち上がって、やんややんやの大喝采。楽しかったー!!

 劇場を出たあとは、最近オープンしたというRockfeller Centerのアイススケートリンクへ。周囲にすごい人垣ができています。

 こうしてあらためて見ると、とても小さなスケートリンク。みんなの注目の的になって滑るのも、なかなか勇気がいりそうです。

 近くのBanana Republicがセールをしていたので、ダンナの服を買いに。シャツを2枚購入。パンツも…買ったほうがいいと思うんだけどなー。なんせ、まともなお出かけ用が2本しかないんだもの。「週末しか着ないんだから、2本あれば十分じゃん」とダンナ。いやいやいや。足りないって。

 いったんアパートにもどって、すぐに79stにある教会へ。今日の夜はテニスで知り合ったNさんに誘われて、教会のミサに参加。

 中高とカトリックの学校に通っていたので、教会もミサも自分にとっては慣れ親しんだもののはず…しかし。

 ここは、プロテスタントのバプティスト派の教会。ミサも、中高時代にさんざん参加したものとはまったく違っていました。いい意味で予想を裏切られたかんじ。

 しょっぱなから、ノリノリの賛美歌をみんなで合唱。でもゴスペルとはちょっと違って、ジャズを取り入れているんだって。

 この教会は、人種がいろいろで若いヒトが多いことで有名らしく。アジア系も白人さんも入り乱れています。それでも黒人さんはやっぱり少なかったかな。

 牧師さんのお話はイマイチ聞き取れなかったけど、思い切り声を出して歌を歌えて、かなりストレス解消になりました。ミサ、楽しい~。わたしが卒業した学校のミサも、こんなふうに楽しくやればいいのに。毎週毎週、睡魔との闘いだったからなあ。

 Nさんのおかげで、とてもいい経験ができました。

 夕食はNさんオススメのNiko's Mediterranean Grill and Bistroで。なつかしいギリシャ料理。数年前、ギリシャに旅した最初の夜におそるおそる注文したムサカを食べたかったのですが。残念ながら品切れ…。代わりに頼んだお魚も、なかなか美味でございました。

 夜中の11:30まで飲んで語って、とても楽しい夜。ちなみにNさんは元コロンビア大学院の留学生(昨年卒業)。コロンビアで、周囲の日本人はみんな東大卒ばっかりだったそうで。

 日本人留学生はあまりしゃべらないけど(英語話せないけど)、アメリカ人の院生たちにも、2年の間に「彼らはgenius」だと認められるようになるそうですよ。やっぱ頭イイもんね、みなさん。英語が通じなくても話せなくても、がんばれ日本人!

40-3
↑これは…なんだろう。女の子が好きそうなものなんだろな。
↓仮面をつけた男の子。

40-4

40-5
↑この学校主催の秋のFestaだったようで。
↓綿アメもあります。

40-6

40-7
↑Mamma Mia!が上演されている劇場。50stの駅を降りてすぐ。
↓劇場のなかで。

40-8

40-9
↑↓Rockfeller Centerのアイススケートリンク。
40-10

40-11
Café Lalo'の入口。
↓下2枚、Niko's Mediterranean Grill and Bistroの中で。

40-12

40-13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。