--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/20/2007    真夏のアストリア。
0803-5
終点の駅の手前で。一番前の車両から。

 お友達のリクエストで、アストリア探検に行ってきました。今回のお散歩コースは、N/Wラインの終点Astria Ditmars Blvd駅を出発地点に、31 Stをまっすぐ南下し、地下鉄の駅3つ分を歩いてBroadway駅まで行くというもの。

 真夏の暑い盛りに出かけてしまったので、日陰を探しつつ歩いたのですが…日陰がなーい!!熱射病になりそうでした。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
more open !?
スポンサーサイト
0502-10
駅前の風景。

 クイーンズ在住のカンバセーションパートナー、Fさんの案内でアストリアに行ってきました。今回訪れたのは、地下鉄N/Wラインの終点、Astoria Ditmars Blvd駅周辺。アストリアは、ギリシャから移住してきた人々が多く暮らす街。通りを歩いていると、ギリシャ語で書かれたレストランやデリの看板をよく見かけます。

0502-2
Ditmars Blvd駅のホームから。

今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
1130-4

 お友達に誘われて、クイーンズで行われているヨガ教室に参加してきました。その前に、腹ごしらえということでアストリアのギリシャ料理のお店へ。このあたり一帯がギリシャ人街なので、グリークレストランのチョイスには困りません!

1130-7

上の写真はヨガ教室の窓から見たクイーンズの夕陽。空が広く見えるので夕陽もばっちり。今日は何位かな?続きを読む前に、ここをぽちっと応援クリックよろしくお願いします。
01/10/2006    Queensにて。
102-2
↑QueensのBroadway駅にて。
 お友達に教えてもらった日本人美容師さんのご自宅で、髪を切ってもらってきました。場所はQueens、地下鉄のNかWのBroadway駅近く。

 Queensに足を踏み入れるのは今日が初めて!きょろきょろあたりを見まわす怪しい人になっていたと思います。
10/16/2005    テニスレッスン。
33-1
↑Shea Stadium。New York Metsの本拠地。
↓その最寄り駅のWillets Point-Shea Stadium。

33-2

 ダンナの職場の同僚Iさん主催、テニスの集いがQueensのFlushingにて開催されるというので行ってきました。

 Times Squareで地下鉄7番に乗り換え、ひたすら終点まぎわまで。地下鉄が地上に出てからの窓の景色が、なんだかとても印象的でした。郷愁をそそるというか。

 まぶしい青空、低い位置に浮かぶ羊雲、陸橋からのぞむQueensの地平線。時折停車する駅がまた、クラシックな木造の建物だったりして。アニメの「銀河鉄道の夜」のワンシーンのような。

 Willets Point-Shea Stadium駅で主催者Iさんとそのお友達Nさんと落ち合い、Flushing Meadowsにあるテニスコートへ。あとからお子さん2人がいるご家族も参加されるらしい。

 主催者のIさんは、なんと弟が所属していたテニスサークルの大先輩であることが金曜日の飲み会で判明。しかも部長だったらしい。うん、なんつーか、Iさんからはわたしも慣れ親しんだ香りがします。なつかしい大学のサークルのノリ。大学は違っても、こういう雰囲気ってどこも似たようなかんじなんだろうな。

 Flushingは、USオープンも開催される広い広い場所。晴れた日曜日だというのに、コートはがらがら。

 テニスコートに着くと。おもむろに、Iさんが「じゃ、球出ししまーす。コートに3人ずつ並んでー」。

 ええ?なになに、サークルの練習?ゆるーくラリーとかやるわけじゃないの?とびっくりしているうちに、自分の番。

 テニスボールを打つのは約7年ぶり。それでも基本は忘れていないようで、打ちやすい場所に投げてくれる球を打つ分には問題なし。

 その後、Iさんはひたすらずーっとテニスコーチに徹し、球出しオンリー。フォアの次はバック、ボレーの次はスマッシュ。わたしたちは練習になって楽しいけど、Iさんはほんとにいいのかな…。

 結局、最後にラリーをやったとき以外、Iさんはボールを打っていませんでした。テニスコーチ、本当にありがとうございます。彼は3ヶ月に一度ぐらい、こうしてテニスビギナーの友達を集めてテニスレッスンをしてくれているらしい。さすがキャプテン。

 わたしもひさびさにテニスができて、とても楽しかった!基本さえ忘れていなければ、だんだん体が慣れてきて、気持ちよく球を打ち返すことができます。秋晴れの空の下、さわやかに汗を流すことができました。

 夕飯は、Flushingの中華街で食べていくのが恒例なんだって。みなさん行きつけのお店は、何を注文しても美味しかったー。特に北京ダック。

 帰り道の地下鉄はガラガラで、向かい合わせの座席はわたしたちの専用スペース。「いつも地下鉄のなかが談話室『滝沢』になるんだよなー」と話好きのMさん(あとからきたご家族のお父さん)がつぶやいておりました。

 今回のテニスを通じてまた新しく知り合えた人々もいるし、だんだんNYで生活していく基盤ができていくようで嬉しいかぎり。
 
33-3
↑Flushing Meadowsに続く道。
↓奥に見えるスタジアムは、USオープンの決勝戦が行われる場所。

33-4

33-5
↑↓テニスコートにて。ひたすら球出しをしてくれるIさん。
33-6

33-7
↑駅からFlushingをのぞむ。
↓Flushingの中華街で入ったお店。

33-8

33-9
↑北京ダック、美味かったー。
↓中華街のお菓子やさんにて。エッグタルトを購入。

33-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。